0

読みたい数

0

読んだ数

本の紹介

Railsアプリの基本から実践的なノウハウまでこの1冊で! 本書は、Ruby on Rails(以下Rails)を使ってWebアプリケーションを開発するための解説書です。 RailsでどのようにWebアプリケーションを作るのかという基本的なところから、現場のニーズに合わせてどのように機能を追加していくのか、テストはどのように行うのか、複数人で開発していく場合の方法といった実践的なトピックまで、幅広くカバーしています。 本書を読んだ方が単にRailsでWebアプリケーションを作れるようになるだけでなく、「Railsらしいアプリケーションコード」を書けるようになり、そして開発チームの仲間とともに実現したいことを実現できるように、という視点で必要な情報をまとめた1冊です。 なお、本書の対応バージョンはRuby 2.5/Rails5.2です。Rails5.2から導入されたActive Storageやcredentials.yml.encについても解説しています。macOS/Windows 10(64ビット版)対応。 ■読者対象について Ruby以外の言語でのWebアプリケーションの開発や、オブジェクト指向プログラミングについては知識・経験があるものの、RubyやRailsについては初めて学ぶ方を主な対象にしています。 ただし、Webアプリケーションやオブジェクト指向が初めての方にも理解しやすいように説明するように努めています。 ■構成と内容について 本書の構成は以下の通りです。 <入門編> Chapter 1 RailsのためのRuby入門 Chapter 2 Railsアプリケーションをのぞいてみよう Chapter 3 タスク管理アプリケーションを作ろう <レベルアップ編> Chapter 4 現実の複雑さに対応する Chapter 5 テストをはじめよう Chapter 6 Railsの全体像を理解する Chapter 7 機能を追加してみよう <発展編> Chapter 8 RailsとJavaScript Chapter 9 複数人でRailsアプリケーションを開発する Chapter 10 Railsアプリケーションと長く付き合うために 章ごとの内容は以下の通りです。 Chapter1では、Railsのアプリケーションのコードを読み書きするために最低限必要となるようなRubyの基礎知識を解説していきます。 Chapter2では、RubyやRailsが動作する環境を構築するとともに、簡単なサンプルアプリケーションを作成し、中身の構成を解説していきます。 Chapter3では、シンプルなタスク管理アプリケーションの作成を通じて、CRUDと呼ばれるソフトウェアの基本的な機能をRailsで実装する方法について学んでいきます。 Chapter4では、Chapter3で作成したアプリケーションに、いくつかの機能を追加していきます。具体的には「データ内容の制限」「検証」「コールバック」「フィルタ」「ログイン機能の追加」「関連」「検索」について解説していきます。 Chapter5では、Railsにあらかじめ用意されている「自動テスト」という仕組みについて、利用方法や注意事項を解説します。 Chapter6では、Railsの備える機能や、Railsを取り巻く世界の全体像を改めて一望し、これまで取り上げる機会のなかったいくつかの重要な要素について解説していきます。 Chapter7では、Railsアプリケーションで比較的よくある具体的な機能を実現するやり方を、Chapter4までで作成したアプリケーションへの機能追加という形で紹介していきます。 Chapter8では、Railsを利用する際のJavaScriptの扱い方について解説していきます。モダンなJavaScriptについても扱っています。 Chapter9では、複数人で開発を行う場合に重要になってくる知識や、注意すべきポイントについて解説していきます。 Chapter10では、Railsアプリケーションと長く付き合っていくために特に重要なテーマとして、「バージョンアップに対してどのように取り組むべきか」「Railsアプリケーションコードが複雑になっていくことにどうに立ち向かい、メンテナンスしやすい状態の維持を図るのか」について扱います。

この本を紹介しているQiitaの記事

未経験からRuby on Railsを学んで仕事につなげるまでの1000時間メニュー 2018-12-09 900

実務未経験からRuby on Railsを独学して自社開発企業のエンジニアに転職するまでの半年間 2019-07-18 111

Docker上のRailsアプリにテスト環境(RSpec)を構築 2019-04-10 11

ブラウザポチポチテストしかやったことない小僧のRspecでのE2E(システム)テスト入門~基本文法編~ 2019-06-06 6

【Rails】アプリを作ったら追加したい設定やgemファイル 2019-01-04 6

読みたい・読んで良かった本 2019-07-19 3

railsにテンプレートエンジンslimを導入する方法。 2019-05-10 3

Record of the study(Ruby1) 2019-03-26 3

RSpecを起動ようとしたら、「unknown command: Cannot call non W3C standard command while in W3C mode」と言われて怒られた 2019-06-27 2

Rubyのsendメソッドを使用するメリットと注意点 2019-06-16 2

仮想環境に「Google Chrome」をインストールして、Railsのテスト実行時のエラーを解決 2019-06-03 2

連日格闘したform_withとの戦いに決着をつけてきた 2019-04-09 2

プログラミング未経験者はRailsチュートリア1周目をじっくりやってはいけない 2019-07-28 1

Ruby on Railsを業務で入門する際に参考にした情報 (2019年7月時点) 2019-07-13 1

コントローラに書くコードを意識する 2019-06-07 1

Rails6 のちょい足しな新機能を試す15(Active Storage編) 2019-05-14 1

[Rails学習記録]タスク管理アプリの拡張 2019-05-08 1

Rails 最序盤シート 2019-04-26 1

(学習記録) 3月の振り返り/4月の計画 2019-04-01 1

Ruby / Ruby on Rails 開発道中記 第1章 〜Rubyと友達になる〜 2019-03-13 1

【Ruby編】プログラミング初心者オススメの教材、学習法のまとめ(補助教材更新) 2019-06-16 0

コードの共通化を意識する ④ ビュー編 2019-06-12 0

コードの共通化を意識する ③ コントローラ編 2019-06-11 0

コードの共通化を意識する ② モデル編 2019-06-10 0

コードの共通化を意識する ① 2019-06-09 0

Viewにビジネスロジックは書かない 2019-06-08 0

RSpec 設定 2019-05-30 0

WSL上のUbuntu環境で chromedriver を使ってRSpecするとエラーが発生するので、その解決方法。 2019-05-27 0

Ruby on Railsについて ~学習する前に一度まとめてみた~ 2019-05-25 0

Ruby on Railsの学習方法【GW連投企画】 2019-05-01 0

プログラミング学習 記録 2019-03-06 0