5pt

カイゼン・ジャーニー たった1人からはじめて、「越境」するチームをつくるまで

市谷 聡啓, 新井 剛 | 翔泳社 | 2018-02-07

「日本の現場」に寄り添った、アジャイルの実践!ストーリーで開発の神髄を学ぼう 「日本の現場」に寄り添った、アジャイル開発の実践! 現場のストーリーで、開発の神髄を学ぼう 【本書の特徴】 ・現場のストーリーから、考え方とプラクティスを一緒に学べる ・1人でも始められる業務改善…

5pt

4pt

アジャイルレトロスペクティブズ 強いチームを育てる「ふりかえり」の手引き

Esther Derby, Diana Larsen | オーム社 | 2007-09-01

本書は、レトロスペクティブの活動を5つのステージに分け、それぞれに具体的な手法を紹介することで、すぐにでも使えるファシリテーションのハンドブックになっています。 第1章 レトロスペクティブ-チームの点検と改善 第2章 チーム専用レトロスペクティブ 第3章 レトロスペクティブの…

4pt

4pt

正しいものを正しくつくる プロダクトをつくるとはどういうことなのか、あるいはアジャイルのその先について

市谷聡啓 | ビー・エヌ・エヌ新社 | 2019-06-14

従来のソフトウェア開発とは、「既に正解があり、記述された正解をそのまま形にする」というものづくりであり、いかに効率よく作るかという観点が主眼でした。そのため、正解の見えないなかで手探りで進んでいくことが必要となる不確実性の高い現代においては、うまく噛み合わない状況になっている開…

4pt

2pt

アジャイルサムライ−達人開発者への道−

Jonathan Rasmusson | オーム社 | 2011-07-16

アジャイルサムライ-それはソフトウェアを顧客に届ける猛々しきプロフェッショナルだ。本書では、圧倒的なアジャイルプロジェクトの姿を見せる。 お目にかかれて光栄です 第1部 「アジャイル」入門 第2部 アジャイルな方向づけ 第3部 アジャイルな計画づくり 第4部 アジャイルなプロ…

2pt

1pt

SCRUM BOOT CAMP THE BOOK

西村 直人, 永瀬 美穂, 吉羽 龍太郎 | 翔泳社 | 2013-02-13

超人気の先生達がまとめた理論だけで終わらない"実践"の手引き。基礎編はScrumの全体像と決められているルールについて説明する。実践編は架空のプロジェクトを題材に、開始時から時系列にScrumではどう進めていくのかを説明する。Scrumとはどういったものなのかを学んでいこう。 …

1pt

1pt

アジャイルな見積りと計画づくり ~価値あるソフトウェアを育てる概念と技法~

Mike Cohn, マイク コーン | 毎日コミュニケーションズ | 2009-01-29

第1部 問題とゴール 第2部 規模を見積もる 第3部 価値のための計画づくり 第4部 スケジュールを立てる 第5部 トラッキングと情報共有 第6部 なぜアジャイルな計画づくりがうまくいくのか 第7部 ケーススタディ

1pt

1pt

エッセンシャル スクラム: アジャイル開発に関わるすべての人のための完全攻略ガイド (Object Oriented Selection)

Kenneth Rubin | 翔泳社 | 2014-07-08

基礎から本質まで。スクラムフレームワークのすべてをマスターするための原則と価値、議論と語彙を体系化した入門書にして大全でもある必携の一冊。 第1部 コアコンセプト(スクラムフレームワーク アジャイルの原則 ほか) 第2部 役割(プロダクトオーナー スクラムマスター ほか) 第…

1pt

1pt

モブプログラミング・ベストプラクティス ソフトウェアの品質と生産性をチームで高める

マーク・パール | 日経BP | 2019-02-23

「ワクワク・ワイワイとみんなで楽しく開発する」だけで、「特定の個人に頼らずに、品質の高いソフトウェアを、堅実なペースで生み出していけるようになる」モブプログラミング。そのノウハウと極意をまるごとお伝えします。 本書はノウハウの紹介にとどまらず、「モブプログラミングを始める前」…

1pt

1pt

初めてのSQL

Alan Beaulieu | オライリージャパン | 2006-04-01

本書は、SQL言語に初めて触れるプログラマを対象に、SQL言語の基本を解説する書籍です。その特徴は、実践に必要なポイントを過不足なく、コンパクトにまとめたこと。「データベースの歴史」から始まり「データベースの作成と設定」「クエリ」「フィルタリング」「複数テーブルからのデータの取…

1pt

1pt

リファクタリング:Rubyエディション

Jay Fields, Shane Harvie, Martin Fowler, Kent Beck | アスキー・メディアワークス | 2010-02-27

動的環境でこそ、リファクタリングは開花する。名著『リファクタリング』のRuby対応全面改訂版。 第1章 リファクタリング-最初のサンプル 第2章 リファクタリングの原則 第3章 コードの臭い 第4章 テストの構築 第5章 リファクタリングのカタログに先立って 第6章 メソッド…

1pt

1pt

Rubyによるデザインパターン

Russ Olsen, ラス・オルセン | ピアソン桐原 | 2009-04-01

第1部 パターンとRuby(よいプログラムとパターン Rubyをはじめよう) 第2部 Rubyにおけるパターン(アルゴリズムを変更する:Template Method アルゴリズムを交換する:Strategy 変更に追従する:Observer ほか) 第3部 Rubyのためのパ…

1pt

1pt

実践ドメイン駆動設計 (Object Oriented SELECTION)

ヴァーン・ヴァーノン | 翔泳社 | 2015-03-17

エリック・エヴァンスが考察し整理し構築した“ドメイン駆動設計”の概念を深化させ“いま”ある問題を解決へ導いてくれる1冊です。 『エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計』は、2003年の刊行だったにもかかわらず、大型ソフトウェア構築時につきまとう不透明感を払拭するための指針とし…

1pt

0pt

スクラム実践入門 ── 成果を生み出すアジャイルな開発プロセス (WEB+DB PRESS plus)

貝瀬 岳志, 原田 勝信, 和島 史典, 栗林 健太郎, 柴田 博志, 家永 英治 | 技術評論社 | 2015-03-18

複雑で変化の激しい問題に強いチームで立ち向かう。要求、見積り、進捗、問題を可視化する。ふりかえりとレビューにより、改善を繰り返す。属人化を解消し、チーム全体を成長させる。導入時に起こりがちな失敗を回避する。DeNA、GMOペパボ、mixiのノウハウを凝縮。 ソフトウェア開発の…

0pt

0pt

アジャイル開発とスクラム~顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメント

平鍋 健児, 野中 郁次郎 | 翔泳社 | 2013-01-18

企業の経営層に向けてソフトウェア開発手法の「アジャイル」とその手法の一つである「スクラム」を体系的に解説。スクラムはソフトウェア開発のみならず、組織や企業活動、企業経営全体にまで適用できることを提示する。さらに、この手法を取り入れ、ビジネスと一体になってソフトウェアを開発する組…

0pt

0pt

みんなではじめるデザイン批評―目的達成のためのコラボレーション&コミュニケーション改善ガイド

アーロン・イリザリー, アダム・コナー | ビー・エヌ・エヌ新社 | 2016-05-24

より良いデザインを生み出すためには「批評」が必要である。 しかし現代においては、正しい批評をできる人、あるいは正しく批評を受けられる人が少なくなってきている。 デザインを仕上げていく段階で、デザイナーは「なぜこのデザインが良くて、どうしてこのようにデザインしたのか」と いうこと…

0pt

0pt

ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版]

Robin Williams | マイナビ出版 | 2016-06-30

デザインでない人のための、デザインの定番基本書。待望の第4版! デザインの「4つの基本原則」。これを知るだけで、あなたのデザインはずっとぐっと、良くなります。 プロではなくても、読みやすいデザイン、伝わるプレゼン資料、わかりやすいレイアウトを作りたい。 そんなあなたのため…

0pt